TOPへ  >  

「るろうに剣心」の名言集

「るろうに剣心」の名言集をご紹介します

るろうに剣心の名言1
  • るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)
  • るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (04) (ジャンプ・コミックス)
  • るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (05) (ジャンプ・コミックス)
  • るろうに剣心完全版ガイドブック剣心皆伝―明治剣客浪漫譚 (ジャンプコミックス)

「緋村剣心」の名言集

いずれはそれぞれの道を歩み
それぞれの人生を生きていく
別れではなく旅立ち
終わりではなく始まり
限界はあるものではなく、
自分で決めるものでござるよ。
「剣と心を賭してこの戦いの人生を完遂する!」
それが拙者が見い出した答えでござる!!
構わん。どんな技でも好きなだけ使え。
だが、
俺が殺すと言った以上
お前の死は絶対だ。
時代を創るのは「刀」ではなく
それを扱う「人」でござる
自由民権大いに結構
しかし お前達の場合 政府を正す前に
まず 己を正すべきでござるな
最強の称号
そんなに欲しければいくらでもくれてやる
そんなもの拙者には うざったいだけ
今の拙者には 拙者の助けを待つ人と
帰りを待つ人の方が何万倍も大事でござる!
あの真っ直な涙に応えられるのは
この世におまえ一人しかいないんだ
強き心を取り戻せ!そして失った誇りを呼び返せ
止まった時間を動かすのは今なんだ!!
目醒めるときは今なんだ!!!!
一度や二度の闘いで真実の答えが出るくらいなら
誰も生き方を間違ったりはせん
真実の答えは
お主自身が今まで犯した罪を償いながら勝負
ではなく自分の人生の中から見い出すでござる
誰かのために 何かのために
犠牲になって当然の命など
今の世にあってはならぬ
あの汗も……… あの傷も………
そしてこの温もりも 幻ではない…
全て現実
闘おう…
答えを出すのはその後でいい
今は幻よりも この現実を守りたい
相手に答を任せようとするのはずるいな…
…一緒に暮らそう
俺はこんなだからいつまで続くかわからないけど
人それぞれの幸せの形と重みを感じて
初めてわかった…
出来るのは一つ
この目に映る人々の幸せを一つ一つ守るコトだけ

「神谷薫」の名言集

くだらない 古いしきたりなんかに囚われないで
時代が変わって四民平等の世になったといっても
あなたの心が変わらなければ何の意味もないのよ
あなたたちの本当の力って
そんなお金で買えるような力に置き換えられる
ものなんかじゃないでしょう?

「明神弥彦」の名言集

ちくしょう 強くなりてえ
おまえの助けなんか いらなくなるくらい…
父上母上の誇りを自分の力で守りきれるくらい…
そうだ超えるんだ!!
今が未熟ならそれを乗り越えて前へ進めばいい!
後ろ向きな自分に決着をつけて 少しでも前へ!
俺が憧れた剣心の強さ…
死ぬよりも辛い心の痛みに耐えて生きてきた強さ
俺は本当の意味で強くなりたい
そして剣心の跡を継いで この目に映る
弱い人達や泣いている人達を守りたい
瞳を閉じれば いつでも浮かぶ
あの遠い背中に追いつくため…
そして いつか追い越すため…
そのための道は 前にしか 拓かれてないんだ!

「相楽左之助」の名言集

帰る場所のある奴が帰る覚悟なしに闘うんじゃねえ!
守るなら最後まで守り通す覚悟で闘え!!
自分がブチ壊れるまで「守って闘え」よ
そしたらそン時 後のコトは俺が引き受けてやる
虐げられる弱い人を救おうとしたお前の気持ちに
間違いはねェ ただ やり方が間違っていたんだ
間違いは直せばいい
(優しさで…救える程 人間は甘くない)
そんなこと 十年前に承知してるさ だがよ…
(あんたの周囲にいた者たちは)
あんたの優しさに救われていたはずだぜ…
てめーも縁があったら一度 剣心と闘ってみな
失くしちまった大事なモンを
もしかしたら 取り戻せるかもしれねーぜ
………痛かねェ
もう全っ然痛かねェんだよ こんな傷…
こんな傷より 剣心に弱点扱いされた事の方が
万倍痛えんっだよ!!
別に今生の別れって訳じゃねェ
誰とだって 会おうと思えば いつでも会える
 
▼まだまだあるぞ「るろうに剣心」の名言集
「るろうに剣心 - 明治剣客浪漫譚 -」とは?
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)は、和月伸宏による日本の漫画作品。1994年(平成6年)から1999年(平成11年)にかけて集英社の『週刊少年ジャンプ』で連載。アニメ化・実写映画化などと様々な形でメディアミックスも行われている。略称は「るろ剣」。
明治時代初期の日本が舞台。ストーリー自体はオリジナルのものだが、赤報隊や新選組、明治11年(1878年)5月14日に起きた大久保利通暗殺事件(紀尾井坂の変)など、史実や実在人物を物語に絡ませている。登場人物の名前に作者の出身地である新潟県、特に旧越路町を含めた長岡市に関係のある地名などが多く使われている。
連載前は編集者に「『ジャンプ』で歴史物は受けない」、「明治時代は漫画にするには難しすぎる」と言われたが、その前評判を跳ね返し人気を博した。ジャンプ・コミックス全28巻と完全版を合わせた売り上げは、2013年2月時点で5861万部を記録。
幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客緋村剣心。明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版 : るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』:2014年6月11日 14:51)


コメント(0)  るろうに剣心  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
作品50音順
名言キーワード検索
 
アニメ・漫画の名言携帯サイト
QRコード
  • ライブドアブログ

「心を打つ漫画・アニメの名言集」
るろうに剣心の名言を紹介します。情報量は最強です!!漫画、アニメの名言を紹介しているサイトです。
Copyright(c) 漫画・アニメの名言製作委員会 All rights reserved.