TOPへ  >  

「フルーツバスケット」の名言集

「フルーツバスケット」の名言集をご紹介します

フルーツバスケット
  • フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)
  • フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)
  • フルーツバスケットファンブック「宴」 (花とゆめCOMICSスペシャル)
  • フルーツバスケット コンプリート DVD-BOX (全26話, 690分) フルバス 花とゆめ 高屋奈月 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

「本田透」の名言

もっと つらいこと 私知ってます・・・
「いってらっしゃい」と言えなかったんです
お母さんが事故で死んだ日の朝・・・
記憶が消されちゃっても また
お友達になってくださいね・・・っ
いつも側にいて下さって
それがどれほど 支えとなって下さっているか
キチンと感謝しなければ
本当にバチが当たります
忘れてはいけないのは 子供の頃の自分だって
初めて 逆上がりができた日や
初めて たくさん怒られた日の事
子供の頃 感じた気持ちをちゃんと忘れずにいれば
大人になっても 親になっても 理解しあえる
100%は無理でも
歩みよることはできる・・・って
自分の為ではなく 誰かの為に
「元気になりたい」と思えるのは
なんと幸せなことでしょう

「草摩由希」の名言

本田さんは 本田さんらしく
ゆっくりやっていけばいいよ
自分にないものを持つ人に対して
…素直に 好意を示すことができるのは
…すごい …と 思う…
ありがとう
君に会えて 良かった
君がいてくれて 良かった
ひとつも 道を間違えず
生きていけたなら 良かったけど
ないんだ そんなもの
たくさん たくさん がんばって
今の君がいてくれることが 嬉しい
誰かの 何かのせいにしてたら
いつまでたっても 変われない
「もうしない」ことが解決じゃないだろ
“どうして”するのかを お互い理解しなくちゃ

「草摩夾」の名言

「愛する」ってのは
目の前にあるモノだけを愛するんじゃなくて
過去も未来も 抱きしめることかもしれない

「草摩紫呉」の名言

他人と交わり 傷つけたり 傷つけられたりしながら
他人を学び 己自身も学ばないと
本当の意味で他人を
思いやれるような人間にはなれないよ
今度こそ
一緒にいても寂しくならない新しい女性と
出会えるといいよね
一緒にいることが 幸せにつながる女性とね
考えて 不安になった時は
考えないのが 吉なんだよ
生き方がつたなくて
おぼれないように必死でもがいて
力を抜けば 浮くのにね

「魚谷ありさ」の名言

おまえは 何の役にも立たない
奴なんかじゃない

「草摩綾女」の名言

不思議なことに 年を重ねていくと
子供の頃には理解できなかった事が
分かってくるものなんだね
“あの時はああするべきだったんだ”
“あの時はああ言うべきだったんだ”
そんな風にね 色々わかってくる
ボクは君の持つ弱さや優しさは
とても尊いものだと 思っているよ

「草摩紅葉」の名言

誰かにとっては それはバカでも
ボクにとっては バカじゃないだけ
誰かにとっては 騙しがいのある人でも
ボクは騙さないだけ
ボクは本当に喜ばせてあげたいと思うだけ
ボクはちゃんと思い出を背負っていきたいって
たとえば それが悲しい思い出でも
ボクを痛めつけるだけの思い出でも
いっそ 忘れたいって願いたいくなる思い出でも
ちゃんと背負って 逃げないで がんばれば
がんばってれば いつか・・・
いつか そんな思い出に負けないボクになれるって
信じてるから
信じて・・・いたいから
忘れていい思い出なんで
  ひとつも無いって 思いたいから
ボクの為の幸せはまだ まだこの先の未来で
ボクが来るのを 待ってるかもしれないだろ

「草摩籍真」の名言

考えなさい
他人より倍 時間をかけても構わない
私は おまえが出した答えを知りたいのだから
貴方が笑うと 世界は少しだけ
優しいものに 思えてくるから
貴方が貴方でいることは
とても大切なことだと思いますよ
どんなに抗おうと 踏みつけようと
絶望は幾度となく襲いくるように
それと同じように
希望もまた訪れる

「本田今日子」の名言

欲望は誰でも生まれながらに持ってるから
理解しやすいけど
良心(やさしさ)は個人個人の
手造りみたいなモンだから
誤解されたり偽善だと 思われやすいんだよな
人生の底まで堕ちて初めて
わかる 気持ちだってあるさ

「草摩佳菜」の名言

・・・やっと理由がわかった
なんで抱きしめてくれないのかなって思ってたんだ
そうだよね・・・ 怖いよね 知られたくないよね
他人と距離をおいちゃうよね
好きな人なら なおさら
でも 怖がらないで 私を拒絶しないで
私は・・・ はとりと会えて嬉しい
はとりを好きになって幸せ 側にいたいの

「草摩はつ春」の名言

決めないで・・・
俺の価値を勝手に決めて 笑わないで

「皆川素子」の名言

愚かで 打算的で 高慢ちきな ライバル達
でも それは
鏡にうつった自分自身

「中尾小牧」の名言

どちらが より不幸かを秤にかけて
それで勝ったって
嬉しくないよ・・・

「本田勝也」の名言

親の思いどおりにならない子どもは
我が子ではないと言い切りますか?
一度も間違いを犯さずに生きなければ
我が子と認めませんか?
貴方がたは
  そんな神業的な生き方をしてこられたと?

「真鍋翔」の名言

しゃーねぇなって
笑えりゃいいじゃんっ

「白木繭子」の名言

あまり・・・なんでも背負いこむなよ
「フルーツバスケット」とは?
フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)
『フルーツバスケット』は、高屋奈月による日本の漫画作品。『花とゆめ』(白泉社)において、1998年16号から2006年24号まで連載された。全23巻。略称は「フルバ」・「フルバス」など。作者の高屋奈月は、「フルバ」と呼称している。
テレビアニメ作品としても制作され、2001年にテレビ東京系で放送されていた。
草摩家の分家宅に居候することになった主人公・本田透と、動物憑きの奇妙な体質を持つ草摩家の面々との交流を中心に描く。連載当初は「ホームコメディ」と掲載雑誌で紹介されていたが、作者自身は「コメディ」を意識してはいない、と単行本内で述べていた。部分部分では作者のコメディセンスが発揮されている場面も多いが(特に前半)、根幹の部分では、様々な心の傷を抱えたキャラクターたちがそれにどう向き合っていくか、を真摯に描いている作品である。
2001年(平成13年度)、第25回講談社漫画賞・少女部門受賞。23巻までの果計売上部数が1800万部を突破したことが発表された。北米では、2004年にTOKYOPOPより初刊が刊行され、2006年12月の時点において15巻まで刊行。同社最大のヒット作であり、2006年12月6日のTOKYOPOPの公式サイトで、15巻までの累計売上部数が200万部を超えた事が発表された。また、「もっとも売れている少女マンガ」として、ギネスブックに認定されている。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版 : フルーツバスケット』:2014年6月17日 17:09)


コメント(0)  フルーツバスケット  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
作品50音順
名言キーワード検索
 
アニメ・漫画の名言携帯サイト
QRコード
  • ライブドアブログ

「心を打つ漫画・アニメの名言集」
フルーツバスケットの名言を紹介します。情報量は最強です!!漫画、アニメの名言を紹介しているサイトです。
Copyright(c) 漫画・アニメの名言製作委員会 All rights reserved.