TOPへ  >  

「天才柳沢教授の生活」の名言集

「天才柳沢教授の生活」の名言集をご紹介します

天才柳沢教授の生活
  • 天才柳沢教授の生活(1) (モーニングKC (1058))
  • 天才 柳沢教授の生活(34) (モーニングKC)
  • 天才 柳沢教授の生活(33) (モーニングKC)
  • 朝日新聞連載版 天才 柳沢教授 孫・華子との生活 Special short short (モーニングKCDX)

「柳沢良則」の名言集

本当にやりたいことを見つけるには
あらゆる人の話を聞き
あらゆることに目を向けるべきでしょう
その中でひとつでも自分の興味深いものが見つかれば
これ以上素晴らしいことはないのです
新たに建て
また長い時を経れば
もっともっと素晴らしい建築物になるかもしれないでしょう
もっと知りなさい
そしてもっともっと大きくなるのです
君にも まもるにもそうする権利が与えられている
そして我々大人はどんなことがあっても
その権利を守ってみせよう
あなたはやはり学者には向いていない
いろいろなことが”わからない”という立場から
出発する者が学者に向いているのです
あなたはそうではないでしょう
これからあなたは本だけでは決して学べぬものを学んでゆくのです
絶望……希望
嫉妬……愛情
敗北……勝利……
これらは全てあなたが今日学んだ不安と勇気の間にこそ存在しているのです
綺麗事に聞こえるかもしれないが私は思うのです
人間にとって最も大事なのは多く覚えることより早く理解することより
まず何かに深く興味を抱きそれを愛することなのではないか
議論に勝つことでは人に何かを伝えることは出来ないのです
子供にしかわからない悲しみがあるように
大人にも大人にしかわからない深い悲しみが存在するのです
そして悲しみが深い分喜びもまた深く大きい
人の力を頼らずに生きていく人間などこの世に存在するのでしょうか
あなたがなさっていることは人間としてごく普通の行為です
華子にはまだ“死”というものが分かっていません
華子は理代子さんが生き返ることを信じていたのです
そして私のことも永遠に存在するものと思っているのです
今日のことで私は華子の夢を壊してしまったかもしれません
ただ 人は死ぬからこそ夢を持てるのだと
命には限りがあるからこそ今が大切なのだと
学ぶ楽しみがあるのだと…
いずれ彼女が考えてくれるとよいと思います
子供の夢は時として人類共通の夢でもあります
みな…それを忘れてはいけません…
大学は自分の進むべき道を自主的に見つけ出すきっかけを与える場でもあります
そこに御両親の意思が介入してくるのはいかがなものかと思います
現在の社会システムの中でどこまで幸福に生きていくことが出来るか?
あなたの場合は特に真剣に考えなくてはならないと思います
幸福に生きる権利はみな平等にもっているのです
20歳を越えたら独立した人間ですから
どうするかは世津子自身の意思で決まります
ですから奪い取るという行動は成立しないのです
2人でやっていけるという自信があるのなら堂々と玄関から入ればよいのです
確かに街は変わっていく人間の営みに合わせて
その中で同じように商売を続けていくのは大変に困難なことである
しかしそれでも何処か変わらずに愛され続けているものがあるはず
そんなものを発見した日 私は至上の喜びで満ち溢れるのである
この地球上は多種多様の人間がいて成り立っている
個人的な主観・偏見は排除してまず理解することである
何事においてもまず『どうしてであろうか』という疑問とそれに対する探求が大切なのだ
いくら言葉を正しく使っても
人間の気持ちの全てを表現することは不可能であるな
私も真面目にやってはいるが 疲れたことはない
疑問を抱いたら即座に解明するように努力し
自分自身に忠実であれば疲れることなどない
私が疲れるとすれば
多分自分自身を偽った行動に出た時であろう
何故多分をつけたかというと
私はいまだかつてそのような行動に出たことがないのだ
私のやる事に終わりはない
やればやるほど無限大に広がっていく
年寄りは世間の気づかい自分が老人になったことをいやという程意識するんだ
世間が年寄りを骨の髄まで年寄りにしちまうのさ
そしてしまいには本当に老いぼれちまうのさ
私はこれからも本を読み続ける
ページをめくるたびに私は私の人生の前に無限に広がった新しい風景に出会うのである

「ルドルフ・アグリコーラ」の名言集

人間は人間と出会うことで違う人間になっていく
一人では決して気づかなかったものも見えてくる
そして一人では決して生み出せなかったものも生み出せるんだ!
お前がそれを教えてくれた!人間は変われるんだ!!

「エドガー・サンダース」の名言集

人間 長年旅をしていると
いらぬものは削げ落ちて身軽になる
そして最後には身体すらもいらなくなる

「柳沢正子」の名言集

お父さんはねぇ
大学教授になれたんじゃなくって大学教授にしかなれなかったのよ
お父さんがフツーのサラリーマンなんて変でしょう
漫画家だっておかしいわ
お父さんはこれが自然なのよ
「天才柳沢教授の生活」とは?
天才柳沢教授の生活(1) (モーニングKC (1058))
『天才柳沢教授の生活』(てんさいやなぎさわきょうじゅのせいかつ)は、山下和美による日本の漫画作品、またそれを原作にした日本のテレビドラマ。
一話読みきり形式で講談社「モーニング」に1988年7号より連載。不定期連載が続いていたが、2006年41号(9月21日号、9月7日発売)より月1回の定期連載になった。2002年にはフジテレビ系でドラマ化もされた。2012年6月現在既刊33巻。2003年、第27回(平成15年度)講談社漫画賞一般部門受賞。
“毎日5時半起床9時就寝”と規則正しく暮らし、世のルールを遵守しつつ、我が道をゆくY大学経済学部の柳沢教授の日常と、それに関わりまたは巻き込まれていく家族や友人・知人、通りすがりの人々との心の機微などをユニークに捉えている。一つ一つの事象を教授のやり方で論理的に考察していく過程は、シリアスともユーモアとも見られる部分がある。初期の傾向は、常人離れした規則正しさの柳沢教授の日常をユーモラスに書いたものが多数だったが、5巻あたりから、段々と教授の持つ人間性を活かしたヒューマンドラマの作品傾向が強くなった。
柳沢教授のモデルは、原作者の父である古瀬大六教授(横浜国立大学経営学部教授、東北大学経済学部教授などを歴任)。キャラクターとしての原型は、原作者の過去作品『BOY』の登場人物であると言及されている(『PARTY! ~東日本大震災チャリティー漫画本~』寄稿文より)。
舞台となるY大学のモデルは横浜国立大学と言われている。漫画作品中には柳沢教授が自宅から相鉄希望ヶ丘駅へと向かうシーンがあるが、これは当時作者が駅の近辺に住んでいたため。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版 : 天才柳沢教授の生活』:2014年6月5日 8:32)


コメント(0)  天才柳沢教授の生活  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
作品50音順
名言キーワード検索
 
アニメ・漫画の名言携帯サイト
QRコード
  • ライブドアブログ

「心を打つ漫画・アニメの名言集」
天才柳沢教授の生活の名言を紹介します。情報量は最強です!!漫画、アニメの名言を紹介しているサイトです。
Copyright(c) 漫画・アニメの名言製作委員会 All rights reserved.