TOPへ  >  

「銀魂」の名言集

「銀魂」の名言集をご紹介します

坂田銀時の名言
  • 銀魂 (1) (ジャンプ・コミックス)
  • 銀魂 1 通常版 [DVD]
  • 銀魂 MASTER STARS PIECE 坂田銀時 フィギュア
  • 一番くじ 銀魂~笑顔を護る者たちの日常と非日常~ A賞 坂田銀時&スクーターフィギュア

「坂田銀時」の名言集

どんな悪人でもなァ
子供にゃ
親が必要なんだよ!!
ホントに大事なモンってのは、
もってる奴より、もってねー奴の方が、
しってるもんさ。
てめェのペースで、やりゃいいんだよ。
「自分」を殺すな。
幕府が滅ぼうが、国が滅ぼうが、
関係ないもんね!!
俺は、自分の肉体が滅びるまで、
背筋伸ばして、生きてくだけよっ!!
まっすぐに生きたバカの魂はな、
たとえその身が滅ぼうが、消えやしねー。
美しく最後を飾りつける暇があるなら、
最後まで、美しく、
生きようじゃねーか。
つまずき転んだのを、
石のせいにしたところで、
何か変わるか?
バカだな。
一時のテンションに、身を任せる奴は、
身を滅ぼすんだよ。
まっすぐ、走ってきたつもりが、
いつの間にか泥だらけだ。
だがそれでも一心不乱に突っ走ってりゃ、
いつか泥も乾いて落ちんだろ。
人生を楽しく生きるコツは、
童心を忘れねーことだよ。
グニャグニャ曲がりくねってても、いいじゃねーか。
そうしてるうちに絶対譲れねー、
一本の芯みてーなもんも見えてくんじゃねーか。
男は冗談いう時も命がけ。
自分の言葉に、責任もってもらおう。
よくしゃべる職人にロクな奴はいねーって。
口で語る術をしらねェ奴を職人という。
ゆえに職人は腕で語る。
おめーらはどっちのタチだ?
本当に大事な記憶ってなァ、
何回電源切ろうが、ブレーカーおちようが、
飛ばねーよ。
妊婦は鼻の穴からスイカ出すような苦しみに耐えて、
ガキを産むもんだ。
芸術家はケツの穴から宇宙ひねりだすような苦しみに耐えて、作品産み出すんだ。
誰だって壁にぶつかって、
全部なげだして逃げてー時はある。
だが苦しい時ってのは、
てめーの中の機械(からくり)が、
壁ぶち破るための何かを産み出そうとしてる時だってのを忘れちゃいけねー。
その苦しみの中に大事なもんがある事を忘れちゃいけねェ。
若く美しくあるなんてことよりよォ、
腰曲がっても、
まっすぐ歩いて生きてく事の方が、
よっぽど難しいんだ。
男は下の毛が生えたら、
もう自分で自分を育てていくもんだ。
健全な魂ってのはなァ、
表にも表れるもんだ。
安心しろ。
お前はいい魂(もん)もってる。
自分を想ってくれる親がいて、
他に何がいるよ。
目ェあけろ!
びびってんじゃねェ!!
見えるもんも見えなくなるぜ!!
 
▼まだまだあるぞ「銀魂」の名言集
「銀魂」とは?
銀魂 (1) (ジャンプ・コミックス)
『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2004年2号より連載。
作者の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。
江戸時代末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人達が襲来。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍、攘夷志士が天人との戦いに参加した。しかし、天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は、天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。そして、幕府は天人による傀儡政権となり、天人達が我が物顔で江戸の街を闊歩するようになった。一方、国や主君のために天人と戦った攘夷志士達は弾圧の対象となり、他の侍達もその多くが廃刀令により刀を失い、戦う気力を失っていた。
天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りの志村新八は、剣術を生かす道もなく、意に沿わないアルバイトで姉である志村妙と生計を立てていた。そんな新八の前に風変わりな一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂を持った男、その名も坂田銀時。銀時の男気に惹かれた新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋で働き出す。やがて万事屋には、戦闘種族である夜兎族の神楽や巨大犬の定春などが転がり込んでくる。
そして、万事屋ゆえに江戸のあらゆる依頼事(やっかいごと)に首を突っ込むようになった銀時達は、江戸の治安を預かる真選組や、かつて銀時の盟友であった侍達等、様々な人間や天人達と関わり合っていくことになる。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版 : 銀魂』:2014年5月27日 11:08)


コメント(0)  銀魂  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
作品50音順
名言キーワード検索
 
アニメ・漫画の名言携帯サイト
QRコード
  • ライブドアブログ

「心を打つ漫画・アニメの名言集」
銀魂の名言を紹介します。情報量は最強です!!漫画、アニメの名言を紹介しているサイトです。
Copyright(c) 漫画・アニメの名言製作委員会 All rights reserved.