TOPへ  >  

「最強伝説 黒沢」の名言集

「最強伝説 黒沢」の名言集をご紹介します

最強伝説 黒沢
  • 最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)
  • 最強伝説 黒沢 7
  • 最強伝説黒沢 11 (ビッグコミックス)
  • 新黒沢 最強伝説 1 (ビッグコミックス)

「黒沢」の名言

オレは親でもなければ父でもない…
つまり…
親父じゃない……
ただ齢を重ねただけの男……
齢男だ…
欲しいっ…!
欲しいっ…!
欲しいっ…!
人望が欲しいっ…!
正直言って、オレにはもう…
分からないっ…!
分からないんだ…!
押しつけがましくない
親切と言うものが…
カツ弁に、アジだぞ…!
そんなことありえたか…?
振り返ってくれよ…おまえらの…
これまでの弁当ライフを…!
いつの頃からだろう…
カップルはそれほど、気にならなくなった。
それよりたちが悪いというか…
目に痛いのは、
子供連れだ…!
オレの人生がもし…
平均的というか…
ごくまともに推移していたならば…
今頃は…
ありはしないのだ…!
苦しい時に仲間が駆けつけるみたいな…
んな調子のいいことは…!
そんなのは……
フィクションの中だけの話だ…!
現実にはありはしない…!
もういい…!
もう…
休めっ…!
休めっ…!
太郎っ…!
オレは…
もうずいぶん長く…
このファミレスってやつが苦手だった…!
だいたいネーミングが傲慢だ…!
ファミリーレストランなんて、
あっさり言い切るが、世の中にはな…
ファミリーに縁のない奴だって、
いっぱいいるんだぞ…!
拒絶する気かよ…!
このレストランどもは…!オレたち…
しんがー(独り者)を…!
 
「最強伝説 黒沢」とは?
最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)
『最強伝説 黒沢』(さいきょうでんせつ くろさわ)は、福本伸行による日本の漫画。副題は "The Legend of A Strongest Man" 。。
『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて、2003年1号から2006年18号まで連載された。単行本は全11巻が小学館(ビッグコミックス)から刊行されている。後に第二部が『新黒沢 最強伝説』(しんくろさわ さいきょうでんせつ)と題名を変えて2013年11号から連載されている。単行本は2015年1月までに4巻が刊行されている。
他の多くの福本作品が、大金や命が遣り取りされる非日常的なギャンブル漫画であるのに対し、この作品では冴えない中年男を主人公に据え、日常的な悩みや人間臭いエピソードを中心とした、哀愁とギャグ・コメディを交えたストーリーが大きな特徴である。しかし、初期の福本作品にはこういった「人情もの」は少なくなく、一種の原点回帰と言える。さらに、バトルシーンの要素が多いのも異色で、その格闘理論は作者の得意分野である勝負事の駆け引き描写や、格闘技経験(キックボクシング)がいかんなく発揮されている。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版 : 最強伝説 黒沢』:2015年4月22日 11:30)


コメント(0)  最強伝説 黒沢  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
作品50音順
名言キーワード検索
 
アニメ・漫画の名言携帯サイト
QRコード
  • ライブドアブログ

「心を打つ漫画・アニメの名言集」
最強伝説 黒沢の名言を紹介します。情報量は最強です!!漫画、アニメの名言を紹介しているサイトです。
Copyright(c) 漫画・アニメの名言製作委員会 All rights reserved.